無料レンタルサーバー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つづきは明日・・・なんて言いながらずいぶん日がたってしまいましたぁ~(反省)
当日の感動は少し薄れてはいますが・・(笑)つづきを・・・。

「絶対見に来てね」と言っていた理由は、ピアノ伴奏だったとは・・・。娘は、幼稚園の年長の時半年くらいピアノを習っていたけど、その後引越しして続けさててあげられなかったから、その頃でもやっと両手で弾けるようになった位で、しかも10年近く前の話だし・・・・。
次女だけは知っていたらしく聞くと、いつも私は夜帰りが遅いので、いない間自宅で毎日練習していたとか・・・「母さんには内緒にね。」と口止めされていたようです。
朝、プログラムを見て初めて知ってびっくり。まず思ったのは信じられなくて指揮者とのプリントミスかと・・・でもホントだとしたら、なんて無謀なことを・・・。合唱コンクールの伴奏の子はいつも、どの子も、ずーっとピアノを習っているようなめちゃうまい子ばかりで、習っていている子でもやりたがらない位・・・。しかも課題曲(>_<)全クラスが同じ曲を歌うので、当然全クラス同じ曲を弾くことになる・・・。
私は朝からずっとドキドキでした。

会場に行って娘のクラスの順番が来て、娘がピアノの前に・・ホントなんだ~!と今さら・・・ドキドキは最高潮(もちろん私)・・・。
ピアノの伴奏が始まる・・歌が始まる・・つっかかってるし、途中途切れて伴奏なしで歌う場面も・・・次の区切りから再開・・・そしてなんとか終了。
始めからちゃんと弾けるとは思ってないけど、ここまで弾けるとは私も思ってなくて、きっと頑張って練習したんだろうなとか、たくさんの観客の前で一生懸命弾いている事を思うと・・・涙が出てきて・・・。きっと保護者の方は、なんて下手な伴奏だとみんな思ったことでしょう。特に娘のクラスの保護者は中学最後の合唱コンクールなのに、こんな下手な子を伴奏にして最優秀とれるわけないじゃない・・・と思ったのではないかと思います。正直言って始まるまではそんな周りの事がとても気になってました。でも終わって、そんな気持ちは吹っ飛んで、うちの子だよって胸を張って言いたい気持ちでした。・・・相変わらず親ばかですが・・(笑)

帰ってたくさん話をしました。
伴奏者をやるという子がいなくてずっと決まらなかった事。娘がそんなに難しいことじゃないのにね、とかって言ったら、先生が娘にやってみるか、と言ってやることになった事。私を驚かせようと内緒にしていた事。クラスのみんなも応援してくれて、[心配しないでリラックスして弾いてね」「ピアノ途切れてもみんなちゃんと歌うから」・・・ってみんな言ってくれた事。・・なんかいいね。青春してるよね。

そして、結果発表~娘のクラスは最優秀でした。クラスのみんな歓声をあげて、女の子は泣いてました~。

中学校最後の学校祭・・・いい思い出になったね。



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://izumi1030.blog41.fc2.com/tb.php/47-efbb0cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。