無料レンタルサーバー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は小平町にある北海道遺産にも選定されたという古民家建造物・旧花田家番屋での音楽会に行ってきました。
banya
(財)北海道文化財団の主催で北海道遺産×音楽シリーズの第1弾として開催されたもので
「番屋音楽会 モーツァルトの調べ」というコンサートでした。
会場になった旧花田家番屋というのは1905年にニシン番屋として建造された建物です。
しっかりとした木造の建物で、きれいに手入れをされた素敵な空間でした。
そこで札響のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ奏者と、フルートの女性4人のアンサンブルでした。
MCでも言っていましたが、コンサートホールではないこの会場での演奏は不安だったとの事・・・。
温度、湿度、そして響き・・・響きが一番心配だったといっていました。
でもその心配は会場に来て音を出して解消されたとか・・・。
100年を超える年月を重ねた建物の「木」と楽器との「木」とがいい相性だったようで、
とても素敵な空間ができていました。
私はクラシックは詳しいほうではないけれど、なんだかあったかい音が聞けた気がして
とてもいい音楽会でした。

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://izumi1030.blog41.fc2.com/tb.php/165-0728545b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。